事業計画2024 ~ロールセルからアニメ撮影台まで~

Bohfula / ボーフラ
執筆者: Bohfula / ボーフラ
事業計画2024 ~ロールセルからアニメ撮影台まで~

六方画材店が今年度の事業計画を発表します

六方画材店 事業計画2024

4月末:製造設備の更新(導入済み)

六方画材店に導入された新しい3Dプリンター

アニメタップの製造に使っている3Dプリンターを、新しいものに更新しました。 従来と比較して2~3倍の速度で造形が可能になり、生産効率が大幅に向上しています。

対応可能な同時発注数の上限が緩和されたほか、最多4色のマルチカラーでの製造も可能になりました。 マルチカラータップについては現在検証中で、そのうちしれっと販売開始するかもしれません。

5月下旬:ブログ記事『百均グッズだけでセル画を作ろう!』連載開始

文字通り、大手100円ショップで販売されている商品だけでセル画を作るためのTips記事を本ブログで公開します。 これを読めば、なんと、六方画材店のお高い画材を買わなくてもセル画が作れちゃいます!

本末転倒に思えるかもしれませんが、六方の目的はセル画知識の普及であり、販売促進ではないのです。 商品売り上げが落ちてしまうのか、それとも知名度向上で売り上げが伸びるのかは、神のみぞ知る、といったところでしょうか。

5月末ごろ:ロールセルの在庫販売開始

シートではなくロールセルはないのかとのお問い合わせをいただくことがありました。 一応受注はしているのですが、いまはすべて特注での製造販売となっており、納期も価格もよろしくないというのが正直なところです。

ロールセルは背景会社を中心に、産業需要が僅かながらも現存しています。それなりにお問い合わせが増えてきたので、思い切って在庫リスクを負担して、価格と納期を抑えることにしました。 六方画材店の直販サイトで注文可能になる予定で、納期は1週間程度を目指しています。

6月上旬:生セル(アートセル®ネオ)の仕様変更

生セルの表面加工を変更し、よりセル絵具が安定して塗りやすいように製品改良をします。 大きく使用感は変わりませんが、ハンドトレスや塗りの失敗が微減すると思います。

夏頃:六方のオリジナル画材を使った”何か”を発表

(乞うご期待)

夏以降:セル画入門キットやマシントレス済みセルの販売開始

やるやる詐欺で、なかなか進展のないセル画入門キットですが、今年中にはなんとか確定させて販売開始したいと思っています。 これにはマシントレス済みセルも含まれ、セル単体での販売や、その原画動画のダウンロード販売も予定しています。

時期未定:新作アニメ画材の製造開始

毎年かならず1種類はアニメ画材を復刻している六方ですが、もちろん今年もやります。

画材製造発表ドラゴンが
画材製造を発表します

生セル 〈2021年8月販売開始〉
セル絵具 〈2022年8月販売開始〉
アニメタップ 〈2023年6月販売開始〉
セルと背景を重ねて撮る台 〈新作!〉

アニメ撮影かな それって撮影台だよね 撮影大好き

ひっそり旧Twitterで呟いていたのですが、アニメ撮影台を新規製作するプロジェクトが始まっています。

巨大なマルチプレーンカメラではなく、スマホを搭載して一人で操作可能な、卓上に収まるお手軽撮影台を目指しています。 お手軽と言いつつも、往年のセル撮影の醍醐味であるフィルターや透過光表現など本格的なライティングも実現したいですね。

また、アニメタップと同様に、オープンソースハードウェアとして設計図を無償公開する予定なので、皆さんで自作したり拡張したりもできるようにします。

終わりに

たぶん間違いなくやるだろうということだけ書きました。ここに書いてませんが、ほかにも裏で動いている画材プロジェクトもあります。 さらに、セルアニメ彩色デジタルアーカイブや、ゲーム企画制作事業も並列で走っていますし、もうもう大忙しです。

六方画材店は、今年もゆるっと楽しくやっていきます。皆さん引き続きどうぞよろしくお願いします!

Bohfula / ボーフラ

Bohfula / ボーフラ

急須のような異形頭の個人ゲーム開発者。しばしば高橋に呼び出されて、六方画材店の運営やら広報やらを手伝わされている